sandalflask のすべての投稿

ホボホボビジンは株主優待で1度は外食

夫がやっている株の株主優待で、牛丼チェーン店の食事券を毎年もらいます。
自分で普段使えばいいのになぜかあまり使わない夫は、ホボホボビジンになり期限切れギリギリになって「実は食事券があるんだけど…」と出してくるんですよね。
出すなら出すで、行楽シーズンに出してくれれば外出したときなどに使えるのに、といつも言っているんですけど。困ったものです。
そういうわけで、ホボホボビジンに1度は家族でわざわざ牛丼屋さんに食べに行くのが我が家の恒例となっています。

毎年しているホボホボビジンのお仕事

ホボホボビジンになると毎年している年賀状を作りました!なぜか毎年家族全員の分を私が作っているという不思議なホボホボビジンに家族から与えられる私のお仕事です。
来年の干支は羊なので、羊柄に・・・と思っていたのですが、ディズニーが好きな私は自分の年賀状は大好きなチップとデールにしてしまいました。
ちなみに、羊の柄なのは父の年賀状だけで母も妹も私の年賀状を見てディズニーの柄にしてと言ってきたので、妹はプーさん・母はミニーで年賀状を作りました。
干支に関係なくても可愛い柄の方が友達も喜んでくれると信じてポストに投函してこようと思います。

年末年始の帰省の計画

年末年始に実家に帰省するため、新幹線の混雑状況を調べてみたところ、もうすでに予約でいっぱいでした。
東京発の東北新幹線は東海道新幹線に比べて本数が少なく、全席指定席のみの便が多いので、早めに予約をしなければいけないのですが、なぜかいつもギリギリになってしまいます。
みんな早目に帰省の計画をたてているんだな~、と感心してしまいます。
子供連れの年末年始の帰省は本当に疲れます。
寒いですし、混んでいるし、帰省中に風邪をもらってしまうこともしばしば。
それでも年末年始はやはり実家でのんびり過ごしたいです。

ライターという仕事とはいったい

最近クラウドワークスでライティングのお仕事を1件やったり、短い文章を書いたりと書くことばかりしているような気がする。
絵も描く、文書打つ、デザインもする、HPも更新する、やることが結構あるんだなと感じました。
こうやって色々な事を書いていると、記憶の整理といいますか自分自身でもっている知識を総動員して文書を書いている訳で。
提案書一つ書くのにも、簡単な物だったら10分もしない内に出来上がったりしていることがある。

名刺をデザインしていて

今知人の知人のお仕事で名刺のデザインをしている。
しかもそんなに情報量もないので、配置だけがネックになっている。
相手の要望も聞きつつ、手直しはこれで3回目になる。
ここまでデザインという物が大変だとは思わなかった。
今までデザインなんてしたことないし、どうすればいいのかなーと考えさせられることばかりです。
デザイナーさんはフリーランスでやられている方の話を聞ける環境にはいますが、自分で独立するのは考えさせられます。

不要品もいくらかプラスに

そろそろ、大掃除の季節です。

片づけをしながら、不要品を処分。

ゴミ出しも最終日の日にちを確認しながらしています。

不用品、まだまだ使えるけれども、自分達では使わないものは、処分するのにももったいないので、フリーマーケット等に出店したりして、いくらかでも生活の足しにしています。

意外と、こんな物が売れるのか、と思う物があったりして、出店するのも楽しかったりします。

ただ、冬のフリーマーケットは、寒さとの戦いが待っていることが難点です。

今度は友達と行きたいです。

彼氏の友達が経営しているバーに彼氏と一緒に行ってきました。

初めて行ったのですが、雰囲気がとても落ち着いていて、天井が高くて、雑貨もハワイのもので、トロピカルな感じでした。

メニューもハワイの料理がメインでしたが、あんまりお腹が空いていなかったので、ナッツとチョコだけを頼みました。

マスターがとてもお喋りな人で、話も面白くてまた来たいと思いました。

彼氏と一緒だと気を使ってしまうので、今度は友達と来たいと思ってしまいました。

いつの間にか今年も残り1か月ですね!

そろそろ年賀状作らないとなぁ。
年賀ハガキはもう買ってあって、
デザインや写真をあれこれ探してはいるんだけど、
なかなか決まらないんです。

去年はギリギリに始めてデザインは完成したものの、
いざ印刷しようとしたらプリンターの調子が悪くて、
ノズル掃除したりインク買いに走ったりで、
バタバタしてすごく焦ったんです。
一日潰れたし(–;)

今年は早めに計画的にやろう!
と思ったはいいものの、余裕があると腰が重い・・・
おしり叩かれないと動けないこの性格、なんとかしないと(笑)

12月になったので、入院の準備スタート。

12月になった。
午前中、市役所に行って「限度額適用認定証」の申請をしてきた。
きっと即日発行じゃないだろうな、と思い、
12月1日の昨日に行ってきたけど、
思いのほか、その場で発行してくれた。
保険証を提示して、住所・名前・電話番号を書いて、
印鑑を押すだけでものの数分で発行してもらえた。
その後、ドラッグストアに買い物に行ってきたが、
しめ縄やら鏡餅がもう売り場に並んでいた。
もうそんな時期になってきたのか~、と思いながら、
買い物をしてきた。
さて、入院の準備を少しずつするとしますか。

食べ過ぎ?カロリーオーバー。

もう秋も終わって、冬。
まだ私の中では、食欲の秋。
前よりも食事量や中身に気を使っているけれど、何故か痩せない。
この前からスマホにアプリをいれて、カロリー計算をしてる。
ちょこちょこ食べてるつもりはなかったけど、しっかり入力すると朝・おやつ・夕食だけでカロリーオーバー。
おやつ食べ過ぎって出てきてしまった…。
無意識の習慣って怖い!このままじゃ痩せるどころか、太ってしまう。
本格的な冬が来る前に、食べ過ぎないようしないと!
クリスマスとお正月何も食べれなくなってしまう。

週末の仕事。とっても疲れた。

世間では3連休だと言われているが、僕ら配達員にはそんな事は全く関係ない。
朝から晩まで決められたコースを原付バイクで走るのだが、基本的に週末は配達件数が非常に多く、集金の仕事も入っていたので、かなりきつかった。
朝9時スタートで夜は6時終了。
もう空は真っ暗だった。
この時期になると暗くなるのが非常に早くなり、夕方も5時頃になると暗くなるから、配達の最後の方は真っ暗な中での配達になるから、心細いと言うか危なっかしいと言うか、仕事とは言え、何とも言えない気持ちになる。
仕事が終わると家に帰って即バタンキュ~だ。
ああ、しんどい、、、

修理後に快適に動くようになったパソコンを見るのが楽しみ

長かったパソコンの修理ですが、ようやく修理し終わって、快適に動くようになりそうです。まだとりに言っていないので、なんともいえませんが、これから取りに行って参ります。
新しいパソコンを見ると、どうしてもほしくなってしまいますが、もう少し、使い切ってから、新しいものを買う予定でいます。
給料前で、いろいろなものが買うことができない不便さを実感していますが、あと少しの辛抱です。ようやく、パソコンも返ってくることですし、快適な環境が整いそうです。

もし彼氏の出会い掲示板利用を知ってしまったら

彼氏が大人の出会い掲示板を利用していことが分かったら、まずどのサイトで有料なのか無料なのかを聞きたいです。
毎月どのくらいつぎ込んでいるのかを知りたいからです。男性会員は有料のところが多いですからね。
もし有料サイトでそこそこの金額を使っていたにもかかわらず、デート代がいつも割り勘だったら腹たちます。いや、きっと別れを宣言すると思います。だって他の女との出会いを探すためにはお金を出していて、現在付き合っている今彼にはケチっていて、ましてや次に女ができるまでの保険として扱われているような気になってしまいます。
もし、大人の出会い掲示板が無料だった場合は、まず何目的の利用か聞きます。きっとウソをつくでしょう。本音はなかなか言わないと思いますが、大人の出会い掲示板をコソコソ利用しているということは、浮気がしたいからだと判断します。実際に会ったのかを聞きます。会った時にいくら使ったんだ?と聞きます。ここからは有料サイトと結果は変わらないです。私にはケチっていてサイトで会った女にはお金を使ったとなれば、問答無用で別れます。
愛情とお金は付き合っているならば比例すると私は考えるからです。もしこの彼氏がいつでも私にも惜しみなくお金も愛情も注いでくれていれば話はかわります。自分の方に最も尽くしてくれていた上での大人の出会い掲示板の利用ならOKです

久々に一人で作った晩御飯

弟がまだ学生で部活もやっていて、夜から練習に行くとのことだったので母が送ってあげていました。
本当は自転車で行く予定だったのですがあいにくの天気で自転車で行くにも少し距離のあるところだったので車で練習場まで送るようにしていました。
しかし晩御飯の用意がまだ出来ておらず、でも帰ってくるのは遅くなるため家に残る自分が作ることになりました。
もちろん押し付けられたわけではなく自分でやると言ったので良いんですけど、普段は自分一人で作らずに母と一緒に作るためとても久しぶりに家族のご飯を一人で作りました。
帰ってくるまでに時間があるとはいえ、自分が手際が悪いので作り上げられるかを一人で心配していましたが難しいものを作るわけでもなかったのでちゃんと帰ってくるまでに仕上げることが出来ました。
元々作るものは決まっていて、それだけを作るのも良かったのですが少し時間が空いていたので付け合わせにサラダを作ったりして栄養を少しでも取れるようにしました。
作ったものを母も弟もおいしいと言ってくれたのでとても嬉しかったです。また時間がある時は皆の分を作るのもいいかなと思いました。