カテゴリー別アーカイブ: ニュース

サラリーマン川柳コンクール

毎年恒例の「サラリーマン川柳コンクール」は第一生命保険が主催しています。募集期間は毎年10~12月です。その期間に集まる作品は毎年数万句にのぼります。その中から傑作100選が発表されます。去年の募集の結果を最近まで見忘れていて、たまたまその記事を見つけました。その一部を次に紹介したいと思います。私が笑えた川柳です。

「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」

なんともほほえましい川柳です。実は、我が家の妻も結構太めで、フナッシーに似ているかもしれません。しかし、本人には絶対に言えません。

「何故だろう 同じ食事で 妻元気」

これはちょっと怖いものを感じますね。単純に考えたら、妻の胃袋は強くて、自分は弱いとなりますが、もしかしたら、妻はいいものを食べていて、自分には変なものを食べさせているとか。

「素顔だと 犬が吠えると 妻が言う」

なるほど。私にも当てはまることかもしれません。私の顔は、怖いとよく言われます。本当はとても優しいのに。妻の素顔、コメントは控えます。

深海の生物ダイオウイカ

ダイオウイカは深海の生物なのに、最近、次々に漁船の網に引っ掛かって、水揚げされています。今年に入って、最初に報じられたのは、1月8日に佐渡市沖の定置網に約4メートルのダイオウイカがかかりました。これは死んでいました。そのときのニュースでは、新潟県内での発見は今回で1960年以降13例目と言っていました。その後、石川県境にある氷見市脇沖の定置網に体長3メートルほどのダイオウイカがかかりました。これは海面近くを泳いでいる姿が撮影されていて、発見時は生きていました。深海の生物が海面近くを泳いでいることじたい珍しいですし、さらに生きた状態の撮影はとても珍しいです。さらに1月19日には、新潟県柏崎市荒浜の海岸にダイオウイカの足が打ち上げられました。足だけの長さは約1.2メートルです。自然に打ち上げられたのか、誰かが棄てたのか、それは不明です。ちなみにダイオウイカは、最大で体長20メートルになると言われています。なぜ深海から上昇してきたのか、謎です。

 

レンタルビデオ店の経営難

小学生の頃からレンタルビデオ店にはずいぶんとお世話になりましたが、最近は、低価格競争が激しくなっていますね。TSUTAYAやGEOなどの大手のレンタルビデオ店ですら、旧作7泊で100円という場合も。ときにはその半額の50円キャンペーンもあります。大手がその調子ですから、その他の中小企業のレンタルビデオ店はなかなか経営が難しく、閉店に追い込まれる店が少なくありません。大手はまだなんとか黒字を保っていますが、最盛期に比べたら、利益は激減しています。その理由は、もっと安くて便利なサービスが増えてきているからです。店舗に足を運ばなくても、パソコンを通してネット動画を楽しめます。また、テレビへの動画配信の分野もどんどんサービスが充実しており、今後もさらに利用者が増えそうな勢いです。月額の低価格定額制で7000本の映画を見放題といったサービスもありますから、店舗でのレンタルという形態はさらに厳しくなりそうな気がします。

南海トラフ巨大地震による被害

南海トラフ巨大地震による被害予想というのが先日ニュースになっていました。南海トラフとは静岡県の駿河湾から九州東方沖まで約770キロメートルに及ぶ、深さ4000メートル級の海底の溝のことです。溝をトラフと呼びます。もしもそこで巨大地震が発生した場合、被害が予想される沿岸部の府県で対策が練られています。例えば、津波が発生した場合、大阪府では最大13万人が死亡すると発表されました。これは30%の人が避難しないと仮定した場合の数字です。地震10分後に全員が避難すれば、死亡は8800人までに軽減できるという予測です。だから、とにかくマグニチュード9レヴェルの地震が発生したら、すぐに避難行動を起こすことが重要です。それにしても13万人というのは大きな数字です。去年、国が発表したデータでは1万人の死者だったから、大阪府の発表は13倍になります。あまりにも数字に開きがあるので、国と大阪府、どちらの学者たちの数字に信憑性があるのか、と思ってしまいますね。

 

 

アルベール・カミュと桜塚やっくん

「異邦人」や「ペスト」等で知られるフランスのノーベル文学賞作家アルベール・カミュは、46歳の若さで亡くなりました。友人の車に同乗しての自動車事故死でした。生前、カミュは「自動車事故で亡くなるのは最も馬鹿らしい」というような発言をしていて、車に乗る時は、ゆっくりと走り、安全運転に徹していたようです。また、自分が運転しないで助手席に乗るときも、ドライバーにゆっくり走ることを必ず言い聞かせていたと言います。しかし、その自動車事故で亡くなる皮肉というか、事故現場の検証から、事故原因がはっきり分からず、不可解な事故とも言われています。先日、高速道路での事故で亡くなった桜塚やっくんの場合は、事故のときは無事だったけれど、事故直後、後続車に危険を知らせるために車からいったん下りて、車にはねられたとのこと。仲間がワゴン車の中にいて、追突事故を防ぐための行動だったと。自動車というのは、便利な交通手段だけど、凶器にもなるから怖いです。

ギョウジャニンニクと根セロリ

スーパーで買い物をするとき、いろんな食品を見るのが結構好きです。買い物をしていると、時間を忘れることもあります。スーパーの広い店内をひと回りして、またもう一回ゆっくりと見てまわることもあります。私は食材の中では特に野菜が好きなので、何か新しい野菜が陳列されていたりすると、嬉しくなります。例えば、先日、ギョウジャニンニクを見つけました。行者ニンニクとも書きます。山菜の一種です。北海道を旅したときに、食べたことがあります。本州でも栽培されているようですが、数が少ないので、あまり出回っていません。ニンニクの風味のある、青物の野菜です。焼いたり、煮たり、おひたしにもできます。私は買って、とり肉と一緒に炒めて食べました。旦那にも好評でした。それから、今日は根セロリを見つけました。見た目は大きなカブラですね。馴染みのない野菜で、とりあえず買ってから調べました。フランスでは一般的な野菜のようです。味はセロリと似ています。バターソテーにして食べようかなと思っています。