カテゴリー別アーカイブ: 生活

部屋の中に何かがいる

今日、起きたらなんだか背中が痒かったです。おかしいなと思いながら背中を触ると2か所ぷっくり腫れた後があります。鏡でみると真っ赤になっていて、あきらかに何かに刺された跡でした。結構太い腫れ具合だったので、何だろうかと不安になりました。
一日経って夜確かめたら、少しだけマシにはなっていましたが、やはり治っていません。起きたらあったので、おそらく私の部屋に何かがいるのだと思います。ダニにしては腫れ方が酷かったし、何だろうとちょっと怖くなっています。朝布団を干してみたのですが、今日も寝たら何かに刺されていたらどうしようと不安でいっぱいです。一体私の部屋には何がいるのか怖いです。腫れが治ってきて今のところ体に異常はないのですが、ちょっと油断できないなと思います。

給料日前は,ヘルシー料理とみせかけた節約料理

早く給料日きてよお!って思うと,冷蔵庫が淋しくなる。極力,買い物でも,安いものばかり買ってしまう。今日は「豆腐に納豆にこんにゃく。そして,ちくわ」を買って帰宅。ワンコインで済むってすごい。旦那には「夏バテ防止と,ヘルシー料理!」と言っているが,実は,ただの節約料理。冷凍庫にあるアゲに,納豆入れて,巾着納豆にして焼いたら一品。こんにゃくを適当にちぎって,しょうゆと砂糖で味付けしてごまふって一品。豆腐は,あげ豆腐にしてまた一品。あとは,冷蔵庫にある,トマトでごまかそう。そして米だけは買いだめしてるので,いくらでも食べてください!と,海苔巻にする。旦那は,「和風で,ヘルシーでいいねえ!」と,ご機嫌です。ごめんなさい。ワンコインディナーだよ。それ。

こんなにお釣りはいらないよ

本屋さんでの出来事です。
マンガ雑誌255円を支払うときに、小銭も混ぜて1,055円だしました。
お釣りは800円になるはずなのに、返ってきた金額が1,000円。
思わず「えっ」って言ってしまったけど、店員さんはキョトンとしている。
お釣りが多すぎる事を伝えても、「なんで?」って顔をされてしまった。
ネームプレートを見ると「研修中」と書いてありました。
新人さん、自分が間違ってる事に気付いてないのかなと思っていたら、他の店員さんが慌ててやってきて対応してくれました。
どうも、レジで金額を間違って入力してしまったらしい。
その店員さん「ありがとうございます」って、お礼言われちゃった。
そのまま気付かずに受け取ってしまう人いるんだろうな。
それにしても、ビックリした。

ラベルがピンクなのは炭酸なしだと思うのだけど

近所のスーパーでLissaというイタリアのミネラルウォーターが、
1.5リットル入りのペットボトル6本で540円と、超特売で売っていたんです。
値札のところには
「今日だけ超お買い得!スパークリングウォーター」
と書いてありました。

Lissaというのはイタリア産のミネラルウォーターで、
一時はネットショップなどでもよく見かけたのだけど、
最近はあまり見かけませんね。
私は炭酸入りのミネラルウォーター(スパークリングウォーター)が好きで、
毎日のように飲むのですが、どのスパークリングウォーターも、
値段が高いのがお財布に厳しいところ。
それが1.5リットル×6本で540円ですから、
これは買わなくては!と思ったのですが、
ここでちょっと気になることが。

たしかに値札のところには「スパークリングウォーター」と書いてあるのですが、
ペットボトルに貼られているラベルのLissaの文字がピンク色なんです。
たしか、炭酸入りのLissaのラベルは文字がブルーだったはず。
ピンク文字のLissaは炭酸の入っていない、ナチュラルウォーターじゃなかったかしら?

それに、イタリアの炭酸入りミネラルウォーターなら、
表ラベルにFrizzanteとかGassataといったイタリア語の文字が、
たいていはあるものなのですが、それも見えない。

「安いから!」とあわてて買って、
開けてみたら炭酸なしの普通のお水だったらガッカリなので、
けっきょく買わずに帰ったのですが、
もし値札どおり、本当に炭酸入りだったらと思うと、
なんだかすごく損をしたような気になってしまいました。

毎週楽しみにしていたのに

家族で読んでいる週刊マンガ雑誌。
その中で私が一番楽しみにしているマンガが今週号を最後に別の雑誌に移動となってしまった。
しかも、連載再開が8月。
今のシリーズ、話が盛り上がってきてこれからって時だったのに。
なんで、ここで本誌掲載じゃなくなったのかが、凄く疑問に思ってしまいました。
この雑誌にしては珍しいジャンルのマンガだったので、凄く新鮮に感じてました。
確かに初回はそんなに面白くはなかったけど、回を重ねるごとに私の中でジワジワと面白さが出てきて、
続きが気になって仕方がないというマンガになっていきました。
移動となったマンガ雑誌は読みたいマンガがないので、買うことはないだろうな。
すぐに読めなくなってしまうのは残念だけど、コミックスの発売を楽しみしようっと。

夜と旦那と散歩と愛犬

夕飯が済んで食洗器に食器を入れ洗剤を入れてボタンを押す。
待ちわびて吠えるのを諦め鼻を鳴らしていた愛犬が、また元気を取り戻す。
シニア用のご飯を食べる、気付いたらお婆ちゃん犬になっていた。
今となっては手の掛からなくなった娘が、まだまだ手の掛かっていた頃、ペットショップで「この子がいい」と譲らず選ばれて迎えられた愛犬だ。
家族を守ろうと、敷地内のポストに手紙を配達に来た郵便局の方のズボンに噛みついた武勇伝を持っている。
家族の中で一番小さいのに。
それでいて臆病で、敷地内から出ていかない。
散歩というものが大嫌いで、すぐに抱っこしろと足を這い上がろうとするのだ。
ところが。
以前は仕事で忙しく帰りの遅かった旦那が早く帰ってくるようになり、暇な時間を潰すように愛犬の散歩に挑戦したところ、初めこそ尻尾を股の間に仕舞っていたが徐々に散歩を楽しむようになったではないか。
しかし旦那がいない時はまた臆病になり、敷地内をうろうろするだけ。
愛犬にとっての旦那の信頼度の強さをこんな形で知らされた。
お婆ちゃん犬になって散歩の楽しみを覚えた愛犬は旦那が帰って来ると、少女のように喜ぶ。
子はかすがいと言うが、我が家には老犬が夜の夫婦の会話を取り持ってくれている。
感謝しなければ。

あの人にそっくりですよ

たまにテレビで○○さんのそっくりさん なんてやっていますが、
有名人に似ているって言われるとちょっと嬉しいもんだと思います。
私もたまに料理研究家の○○さんに似ていると言われることがありますが、
まあ悪い気はしません。
でも、女の人なのに男の人に似ているだとか、人間以外のもの(動物とか)だとちょっと気の毒だと思います。
先日もスーパーでそんな「かわいそうな人」を見かけました。
かわいそうというのはその人はあの相棒シリーズに出演している米沢まもる役の「六角精児さん」にそっくりだったんです。
一瞬、女性なのか男性なのか判らなかったんです。でも、よく見ると女性でした。
性別不明というのも格好大柄な感じだったからです。
その人が携帯で誰かと話をしている声を聞いた時やっと女性だと判りました。
えっ女の人?と思ったらもう一度近づいて顔を見てしまいました。
もちろん相手にはわからない様にですけど、
やっぱり似ていると思いました。
でもいくら有名とは言え、女性で六角さんもないだろうと思いましたが、
一度で印象に残る事は間違いなしです。

花粉の季節がいつの間にか過ぎてた

春からずっと洗濯物を部屋に干していて、場所がなくて困っていたけれど、ふと気づいた。外出時にもう花粉を気にしていないんだから洗濯物も外に出せるでしょう!
暑いので窓も開けていたし、部屋の中にも風がふつうにそよそよ入っているので、もうすっかり大丈夫なはず。そこで久しぶりに外に干し物をしました。
ちょっと前まで本当に寒かったので、最近のこの風のさわやかさが意外で仕方がない。仕事で外に出てもすぐ地下や乗り物に閉鎖されてしまうので、あまり外の移り変わりを見ていなかったわけで、でも無意識になんとなく衣替えはしていた。薄手のカプリパンツを出してきていたり、コートをしまったり、そういえばしていた!ならばなぜ花粉の季節が過ぎていることにここまで無頓着だったのか。悪化には敏感だけれど、好転には気づきにくい=鈍い、ということでしょうか。もっといろいろなことにありがたみを持って暮らさないとだめですね。
洗濯物は無事にあっと言う間に乾き、今度はベランダに出しっぱなしなのを忘れて昼・夜ずっと風に吹かせてしまいました。

バリアフリー化が進んでいる

 

 

私の祖母は足腰が弱って、車椅子の生活になっています。家のなかでは、そんなに不便はないけれど、外に出かける場合、様々な場面で、動きづらいこともあります。たとえば、すべての交通機関や施設で、バリアフリーになっているわけではないから、車椅子での移動の際に、かならず介護者が必要ですね。障害者等が自立して暮らしやすいアメリカやイギリスなどの都市部では、電動の車椅子で、一人で街中を移動できたりします。日本でも、最近はかなりバリアフリー化が進んでいますね。通称バリアフリー新法と呼ばれる法律が2006年に施行されて以降はとくに、人が多く集まったり、移動したりする場所でのバリアフリー化が進んでいます。快適に移動できる場所が増えて、祖母も喜んでいます。ただ、まだまだ完ぺきではないから、課題はあると感じます。バリアフリー新法は、基本的に高齢者や障害者のための快適な生活、移動のための改善を盛り込んだ内容となっています。

 

まわり人達の食事のペース

人と一緒に食事をしていて、注意していることは、まわり人達の食事のペースと、合わせるということです。自分だけ早く食べ終えてしまったり、また逆に物凄くスローで食べていたりすると、困ることがあります。私はとにかく食べるのが、とても遅いのです。旦那はとても早いのです。正反対なので、自分の自然なペースで食べていると、凄く差がついてしまいます。外で食事をしているときに、私はゆっくりだから、食べ終えて店を出るタイミングが遅れます。旦那と結婚する前、旦那は私の食べる速度に合わせてくれていました。優しい人だなあと思いました。しかし、結婚してからは、徐々にそういうことがなくなりました。ペースを合わせるのが、しんどくなったのでしょう。食べるペースって、自分の居心地の良さと関係していると思うから、自然なペースが乱れると、それがストレスになったりします。私も急いで食べないといけないと思うと、ストレスになります。だから旦那の気持ちはわかります。

老夫婦が手をつないで散歩

老夫婦が手をつないで散歩している姿を見ると、いいなあと思います。私もそういう年の取り方をしたいし、夫婦関係がいつまでも仲良い感じで過ごしたいと思っています。いまのところ、私達夫婦は仲よく楽しく過ごしています。でも、3年間の恋愛期間を経て結婚して5年が経っていて、子供も生まれて、だんだん私も旦那も親になった感じです。だから、二人で手をつないで歩くことはなくなりました。いったん手をつながなくなると、手をつなぎたいなあと思っても、照れてしまって、きっかけをつかめないというか、なかなか昔のように素直に行動できない場合もありますね。最も近いところにいる相手なのに、照れるとか、気を遣うとか、変なふうにも思います。まあ、近すぎて、デリケートな部分もあるということかな。3歳の娘とは手をつなぎます。旦那も娘と手をつなぎます。私達夫婦のあいだに娘がいて、みんなで手をつないで歩くことが、よくあります。それがいまのところ、幸せだなあと思えることですね。

マックのメニュー

最近、ちょっぴりマックから離れてしまっているわたくしです。喜ばしいことなのか、そうじゃないのか、微妙なとことです。食生活が微妙なのには、相変わらずだからです。で、マクドナルドにいくと、時々メニューがないことがあって、目の悪い私にはとても注文がやばいです。知っているものしか注文できない。だってメニューが見当たらないのだけど。なんで?とおもったところ、そういう方針らしい。常連客以外、いらないってことなのかなー。いやー、ちょっと最近のマックはあまりよろしくないです。スマイルゼロ円よりも、もう少し、メニューとか見せ方を工夫してくれたら面白いんだけど。どうなのでしょうか、そこんところ。そのほうが会社の利益に繋がっているということ?そんなわけで最近は、バーガーキングに繰り出すことも多くなりました。バーガーキングのモーニングメニュー、結構いいよ!私は相当好きです。余分に買ってお昼用にするくらい好きです。マヨネーズが高カロリーだと思うが、おいしいのよねー。カロリーの高いものはどうしてこうも美味しいのだろう。

自動車と自転車の運転

私の車の運転は、ゆっくりです。短気で、血気盛んな人を助手席に乗せると、イライラされてしまいます。私と同じようにのんびり派で、安全運転をまず第一に考える人が助手席にいると、とてもリラックスして運転できます。私の父親は前者のイライラ短気派なので、父親を乗せることは極力避けています。母親は私と同じタイプなので、とてもラクです。それから旦那は中間ぐらいかな。周囲のドライバーとの兼ね合いというか、車の走行のリズムがあるから、一人ゆっくり走っていると、逆に周りの迷惑になることもあります。だから、「もう少し急いで」と言われることもあります。それから、自転車に関しても、私はゆっくり走るタイプです。ゆっくり走っているかぎり、危険な目にはほとんど遭遇しません。少しでも焦って運転すると、危険な落とし穴があると思っています。状況的に急がないと間に合わない場合でも、急がないように心掛けています。それにしても自転車の無茶な運転をする人、多いですね。