月別アーカイブ: 2014年5月

ニューヨーククロワッサンドーナツ

ニューヨーククロワッサンドーナツ。長い名前ですが、文字通り、ニューヨークで生まれたクロワッサンとドーナツが合体したようなスイーツのことです。首都圏を中心に展開しているパン専門店である「パンデロール」で売っています。ニューヨーククロワッサンドーナツの作り方としては、クロワッサン生地を揚げて、ドーナッツの形状にした後に、オーブンで焼き上げたスイーツということです。だから、パンですね。クリームやメープルシロップをかけた甘い一品で、食感としてはクロワッサンのようなサクサクした感じですね。私も高校生の娘も大のお気に入りになっています。ただ、問題は、食べすぎてしまうから、太ることがとても心配です。スイーツって、食べた分だけ太るイメージもあるから、困ってしまいます。食べても太らないスイーツがあったらいいのにと思いますね。まあ、贅沢な願いです。しかし、娘は若いから代謝がよくて、あまり太らないですね。うらやましいです。

 

成果に対しての賃金を頂く

1日8時間労働で、それ以上働く場合は、基本的に残業手当が出ます。でも、出ない場合もあります。残業代が出たり、出なかったりするのは、就業の形態にもよるようですが、私には詳しいことはよくわかりません。ただ、一つの動きとして、残業というもの自体をなくす動きがあります。1日8時間労働以上は仕事をせずに、余裕のある時間を過ごしましょうということですね。でも、同じように残業というものを無くして、結果的に仕事がエンドレスになるという考えもあります。仕事の成果というのは時間だけでは測れないから、時間管理をせずに、エンドレスにして、成果を追求するということです。するとどうなるか。つまり、1日15時間働いて一つの成果をあげる人がいれば、同じ仕事を10時間で仕上げる人もいる。そして労働時間に対して賃金を支払うのではなくて、達成した成果に対して、それに見合った賃金を支払うということになりますね。私としては、成果に対しての賃金のほうがいいかな。

 

外人の肩こりとマッサージ

会社には、外国人のスタッフが何人かいます。そのなかの一人と、親しくなりました。いろんな話をしますが、たまたま肩こりの話になったときに、その外人が気になることを言いました。「肩こりを意味する英語がない」と。たしかにそう言ったのです。それで、その外人に「肩はこらないのですか」と尋ねました。そしたら、「こらない」と。しかしその後マッサージの話になって、試しにその外人の肩をもんであげると、とても気持ちがいいと言ってくれました。肩こりという言葉はないけれど、肩もみは、それなりに気持ちがいいようで、その人はとても気に入っていました。なので、マッサージをしてくれる店を紹介しました。肩こりに関して、いろいろ調べてみたら、世界で、パソコンの利用頻度が増えているから、外国人にも「肩こり」の症状はあるという記事を見つけました。また、マッサージはもともとアジアで生まれたものだけど、欧米ではクイックマッサージがあり、それが逆輸入されて日本にも定着と。外国でもマッサージはあったのですね。

 

旦那がいちばん好きな食べ物

私の旦那がいちばん好きな食べ物は、オムライスです。子供の頃からずっと、オムライスがいちばん好きなのだそうです。まあ、成長していないということですね。そのほか、旦那が好きな食べ物は、ハンバーグと、ロールキャベツと、グラタンです。男性に人気のある料理のトップ10にかならず入っているような料理ばかりです。あんまり変わったものは食べたがらないですね。ほんとに子供の頃から食べなれたものが好きなようです。私は新しいものが好きなので、食べたことがないものに出会うと、食べたくなります。新しい料理に出会って、刺激を受けて、それが自分の作る料理にも少しずつ反映されて、レパートリーを増やしたいのです。しかし、新しい料理を作っても、旦那はあんまり興味を示さないので、私は自分のために作って食べています。または、友達を呼んで、ホームパーティのときに、料理を作って、みんなに食べてもらえることがうれしいですね。でも、旦那が定番で好きな料理もちゃんと作っていますよ。